ユカマルリフォームが床にこだわるワケ

2014-06-28 | 後藤優太 | リフォームに関する記事

床にこだわるワケ

 

はじめまして!

私は、品川区荏原中延にある床にこだわるリフォーム会社「ユカマルリフォーム」

の代表 後藤優太と申します。

 

当社は元々、リフォーム全般、とりわけリノベーション(全面改装)を得意とした

リフォーム会社として、この地で事業を行っておりましたが、

このたび「地域の皆様の安全・安心・健康を床で支える」をモットーとした

「ユカマルリフォーム」として、新しく事業をスタートいたしました。

 

なぜ「床」にこだわっているのか?よく聞かれます。

 

まず、「床」は最も長い時間触れている場所であり、見た目の印象のみならず、

快適さや安全、健康などに多大な影響を与えています。

しかしながら、多くのリフォーム会社は、床に関する知識が不足しており、

きちんとした説明や提案を行えていません。

何千とある床材の中から、安く仕入れられる無難な床材のカタログを数種類見せられて、

「この中から好きなものを選んでください」だけで済ませられている・・・これが現実なのです。

床の下地や構造材の状態はどうなっている?痛んでいないか?お掃除のしやすさは?

アレルギーは?かたさは?音は響かないか?床は冷たくないか?滑りやすさは?などなど、

床には本当は検討しなければならないことがたくさんあります

そのようなことを詳細に検討してくれるリフォーム会社など、ごく少数です

お施主さんに知識があり、その商品や工法を希望すればやってもらえることもありますが、

価格が高かったり、工事でクレームになりやすいといったことがあります。

 

その理由は・・・

リフォームはいまもなおキッチンやユニットバス、トイレなどの水まわり商品

もしくは外壁塗装などの工事が売れており、利益を出しやすいことがあげられます。

提案もそれほど難しくなく、若手でも売りやすいため、得意とするリフォーム会社が多いのです。

また、価格競争が激しいので、全体的に安く見せるために、

面倒で、主な工事になりにくい床に関しては、とにかく安いものや工法を提案してきます。

結果、床に関する工法や商品知識についてはおざなりで、

提案できる商品や工法も限られてしまっていることが多いのです。

本当にその床材や工法が、お施主さんの生活に合っているのか、

解決できる悩みはなかったのか、床の下地は痛んでいないか、長持ちするのか・・・

よく相見積もりで、相手の会社様のプランを聞くことがありますが、

とりわけ床に関しては、 う~ん・・・と思うことが多いのです。

 

もう一度言いますが、「床」は最も触れている重要な部分です

なのに、このような状況なのです。不安ではないですか?

 

当社は、こんなにもお客様の生活に直結する大事な部分なのに、

床のリフォームが、軽視されている現状に我慢ができません!

 

ユカマルリフォームは、リノベーション(全面改装)工事を得意とした、

総合リフォームの会社としてこれまでやってきましたし、

これからも、水廻りも含めたあらゆる工事に一貫して対応していきます。

一般的には、水廻りなどの工事は、難しい工事でない限り、

商品も工事もリフォーム会社によってそれほど変わりませんし、

当社でもそこだけで、他社と差別化するには、難しいかもしれません。

 

だからこそ、

「やっぱり床は大事!快適な床で暮らしたい!」

「古い家なので、床が心配・・・」

「気に入った床で、リフォームしたい!」

といったお客様のために、

「床」「ド真剣」に向き合ったリフォーム会社をつくることにしたのです。

私はじめ、当社の社員が皆「床」が大好きといったことも理由ですが・・・

そのようなお客様には、きっとどこよりもご満足いただけると確信しています。

 

床にこだわったリフォーム/リノベーションをご検討でしたら、

ぜひ「ユカマルリフォーム」にお声がけください!

 

お問い合わせフォームは一番下にあります!

↓  ↓  ↓ 

The following two tabs change content below.
後藤優太

後藤優太

ユカマルリフォームの運営会社である株式会社フィールノートの企画担当。「床がだめだと工事は失敗!」「デザインは床からするとうまくいく!」をモットーに、営業および「床は大事ですよー」という啓発活動に精を出す。中小企業診断士や商業施設士といった資格も有し、店舗内装や運営のアドバイスも行う。床とトイレにうるさい。